「手に取る宇宙」天神山 2019 ドローイング

 

GW最後の日、桜の吹雪が舞うさっぽろ天神山での

地上ミッションが無事終了しました。

新しい試みもプラスされ、とても印象的なイベントと

なりました。

 

このドローイングは「手に取る宇宙」天神山2019

というタイトルが付いています。

松井紫朗氏が今回のミッションをイメージして、

ミッションが始まる数週間前に描いたものです。

 

参加者のみなさんは、

松井紫朗氏のレクチャーの後、芝生に置かれた

小惑星のような丸い敷物の上に座り、のんびりと

思い思いの時間を過ごしていました。

驚いたのは、このイメージがぴったりと

重なったところでした。

 

今回の展覧会では、この作品も展示されます。

どうぞ、お楽しみに。