手に取る宇宙のHPをリニューアル

 手に取る宇宙のHPをリニューアルいたしました。

 

 「手に取る宇宙」は、アーティスト松井紫朗氏と、JAXA(宇宙航空研究開発機構)によるアートプロジェクトです。 「普段は見上げるだけ、手に届かないと思っている〈宇宙〉を、手に取ってみよう!」という松井紫朗のイメー ジのもと、2011~2013年にかけて国際宇宙ステーション(ISS)での船外活動で、宇宙飛行士(星出彰彦氏らが協力)がガラスボトルに宇宙空間の一部を採取し地上に持ち帰りました。 

 2014 年からこのボトルを皆さんに届ける地上ミッションを開催してきました。

気がつけば開催地は26箇所。たくさんの方の協力でこのガラスボトルがバトンのように大事に手渡されて、今、日本各地を旅しています。

地上ミッションは、松井紫朗氏が作った組み立て式ドーム(Moon-Man-Ju)で開催することもあれば、科学館のプラネタリューム、茶会、富士山頂、知床の流氷の上、姫路城などをウォーキングしながら移動するミッションなど、その場所に合う形で、開催しています。

 今後このボトルが、どんな旅をして行くのか、どんな方と出会うのかHPで紹介していきたいと思います。

 

http://www.m-in-a-bottle.org